38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

どこで勉強する? 医療事務 その3 専門学校の場合 

  

   今日はすっかりあの猛暑が戻ってきましたね。照り返しもひどいので日傘をしていないともう歩けないほどです。台風もどうやら上陸するようで今から警戒が必要ですね。岡山などの豪雨被災地では連日、復旧活動が続いておりますので、台風によってこれ以上被害がでないことを祈るばかりです。

 さて、今日どこで勉強する?医療事務 その3ということで、専門学校について書いてみたいともいます。

 一昔前は高校を卒業したら短大に入学する女性が多かったのですが、結婚しても共働き必須の今は、専門学校などで手に職を付ける女性がどんどん多くなっています。それに伴い専門的な技術や知識を習得できる専門学校も益々人気が高まっているようです。

専門学校の場合 

受講期間

1年~3年間(2年制を採用している学校が多いです)

費用 

100万~300万円前後

メリット

複数の資格を同時に取得することが可能

クラスメイトが出来る

専門的な勉強ができる

講師から直接、学ぶことができる

学ぶための設備がひととおり整っている

コースが豊富

就職率が高い

デメリット

費用がかかる

時間がかかる

 比較的通っている年齢層が若めなので、30代、40代以降になるとクラスメイトと打ち解けにくいことがある

 

 専門学校は学生の進路選択のひとつとして数えられるものですので、ちょっと試しに通ってみようかなと思って通えるようないわゆるスクールとは異なります。将来的に専門的な道に進みたいと思った人が、時間をかけて既定のカリキュラムを修了し、その道へ進んで行くという場所です。

 専門性の高い勉強ができる分、費用も時間もそれ相応に必要ですので、思いついてすぐに通えるというものではないかもしれません。ですので、ある程度、人を選ぶ勉強スタイルになってしまいますが、それでも、一からきちんと医療事務の勉強をしたいと仕事をしながら専門学校に通われる方もいらっしゃいます。

 専門学校ではそういう方のために全日制とは異なるカリキュラムを用意しているところも増えてきているようです。

 大学を卒業し就職したものの、途中でやりたいことが見つかったという方もいらっしゃるでしょうし、子育てがひと段落したので、もういちど学校に通って勉強をしてみたいという方もいらっしゃると思います。

 もちろん費用や時間はかかりますが、専門学校という学び舎で学ぶことは、それなりの意義があると思います。

 また、専門学校と名乗るためには、修業年限1年以上、年間授業800時間以上、生徒数40人以上、高卒以上かそれと同等の学力のある者が入学できる、卒業時に専門士の学位が授与される、大学への編入が可能といった決まりがあります。

 本気で医療事務の勉強したい方は専門学校に通うという選択肢も考えてみる価値は十分あると思います。

 本日も最後までお読みいただきありがとうございました!また、お暇な時には当ブログにお越しくださいませ。

 

 

どこで勉強する? 医療事務 その2 通信教育の場合 

  

   今日は朝は涼しかったものの、また昼頃になると肌を刺すような日差しが戻ってきましたね。台風が2つも接近してきているようで、そのまま暑さを吹き飛ばしてくれればいいのですが、とくダネ!の気象予報士の天達さんによれば、台風が過ぎると気温と湿度が高くなるということでした。

 一度涼しくなってからの暑さのぶり返しは夏バテに繋がりそうですね。みなさんもこまめな水分補給をお忘れなく。私はいまメッツコーラ(特保)にはまっています。

 さて、今日どこで勉強する?医療事務 その2ということで、通信教育について書いてみたいともいます。

 ユーキャンやニチイ学会の宣伝でもよく取り扱われているせいか、私の中では医療事務の勉強=通信教育というイメージが強いのですが、みなさんはいかがでしょうか。

 私の勤める薬局でも通信教育で資格を取得された方が何人かいます。医療事務の関連資格はいまや30種類以上もあるということですので、何の資格を取りたいか、取れるかによってどこの通信講座を選ぶかも変わってきますね。

 

通信教育の特徴 

 受講期間

3か月~半年前後(少ないですが1年というものもあります)

費用 

6万~8万円前後

メリット

自分のペースで好きな時間に好きな場所で勉強できる

小さな子供がいても自宅で勉強することができる

人に会わなくてもいい

自分がわかるまでマイペースで勉強しやすい

費用が抑えられる

デメリット

自分できちんと学習習慣をつけなくてはならない

自宅で勉強する場合は集中しにくい場合がある

クラスメイトなどの仲間ができない

講師に直接会って質問できない

 

 もし今、私が医療事務の資格を取るならば、通信教育を選ぶと思います。やはり小さい子供がいる身としては、学校に定期的に通うというのは現実問題難しいですし、費用もできるだけ抑えたいからです。

 もちろん長く続けるならばある程度先行投資をした方がいいのはわかっているのですが、お金を稼ぎに行きたいのに、その前にまとまった出費があるというのはどうも納得がいかないというか、できるだけ抑えたいと思ってしまうんですよね。お金に余裕がないので。とほほな話ですが。

 スクール同様いろいろな企業が通信教育の教材を販売していますが、受講を決める際に注意していただきたいポイントは、良心的な会社を選ぶということです。

 大手でもよく聞くのが、これいらないよー。という教材がセットされているパターン。ネット上でもいちばん多く寄せられている不満は、いらない電卓を買わされたという不満でした。セットで入ってくるのは仕方がないかもしれませんが、副教材として別売りで購入する場合は、なくてもいいと思います。

 実際、資格の勉強をしても、現場とやることが違ったりすることは往々にしてあることで、と、いうか、たぶん180度違ったという話も聞きますので、教材はシンプルイズベスト。通信教育などは就職する前にさらっと基本を学ぶ場所だと思って、就職した後にまた一から勉強し直すというくらいの考えの方が逆にいいと私は思います。

 とりあえず、通信講座をはじめて選ぶときはシンプルなものを選んでください。

 教材を買ってみたものの、やっぱりできそうにないなと思ってしまうことだってあるかもしれません。最初にフルオプションで揃えるよりも、勉強しつつ必要なものを揃えていくという方が絶対おすすめです!

 正直、働いてみるまで、何が必要になってくるかなども全然わからないと思いますので、そのとき必要になった知識をその都度勉強していく方がたぶん合理的だと思います。

 本日も最後までお読みいただきありがとうございました!また、お暇な時には当ブログにお越しくださいませ。