38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

今年はインフルエンザになっても、ゾフルーザが出ない?

  

 

f:id:otegamibenrityou:20190214081906p:plain

ゾフルーザが処方されないって本当?

 今年の冬は「とくダネ!」の天達気象予報士の予想通り、暖冬ですね。寒いのが嫌いなのでありがたや~ありがたや~と天に向かって手をすり合わせる日々ですが、みなさまいかがおすごしでしょうか。さて、流行ってきましたね~インフルエンザ。

 私が勤める調剤薬局にも毎日のようにしんどそうな患者さんが来局されます。インフルエンザといえば、昨今、ゾフルーザというイメージですが、実は今年はちょっと例年とは違うようです。

 

 2018年、鳴り物入りで登場した抗インフルエンザ薬ゾフルーザ。このブログでも散々取り上げてきましたね。ですが、今年は私の勤める調剤薬局ではちっとも処方されていません。はてさてこれはどういうことでしょうか。

どこの病院もゾフルーザを出していない?

 

  調剤薬局では、その時期その時期に合わせて流行しそうな病気のお薬を前もって多めに発注するのですが、今年はゾフルーザの在庫がえらく少ない。つまり、発注量を増やしていないということなんです。去年のこの時期には、ばんばん発注をかけていたのに、これはどういうことだと思って、薬剤師さんに尋ねてみると、例の耐性ウイルスのニュースのことが広まって、病院の先生がゾフルーザを処方するのを、控えているということでした。

 確かに、今年の冬は、近くの、どの小児科や内科からもゾフルーザが処方されていません。耐性ウイルスってそんなに恐ろしいの?と純粋に思ったので、いろいろ調べてみることにしました。

耐性ウイルスってなあに?

  

 通常、細菌やウイルスは、常に変化しています。ですので、ある時点でそのウイルスに効果的な薬が存在していたとしても、変化の過程でその薬に耐性のある細菌やウイルスがうまれることがあります。ウイルスや細菌も生き残るために必死に変化を続けているわけです。

 耐性ウイルスとは、ある薬に耐性をもったウイルス、つまり、ものすごく簡単に言ってしまえば、その薬が効かないウイルスというわけです。

 

ゾフルーザの何が問題なの?

 

 耐性ウイルスが発生してくること自体は、どの抗インフルエンザ薬でも見られることです。それなのになぜゾフルーザの耐性ウイルスだけが取りざたされるのでしょうか。それは、ゾフルーザの場合、耐性ウイルスの発生スピードが他の抗インフルエンザ薬と比べ物にならないくらい早かったからです。

 ゾフルーザが一般的に処方され始めたのは、昨シーズン、つまり2018年からですが、たった一年足らずで一番耐性化率が高くなってしまったんですね。

イメージの問題も多分にある?

 
 でも、だからといって、ゾフルーザを選択してはいけないということでは、決してないと思います。インフルエンザの時に1回の内服で効果のあるゾフルーザは変わらず有効なお薬であることにちがいはありません。ただ、製薬会社の卸さんの話によれば、病院の先生もやっぱり商売という側面もありますので、患者さんがよい印象をもっていないお薬をできるだけだしたくないという事情があるようです。もちろん、医学的な観点からゾフルーザの使用を控えるという先生もいらっしゃいますが、風評というのも少なからず関係しているのは間違いないようです。後で何かあってからでは遅いというというのもありますしね。特に新薬は世にばっと出てみないとわからないこともありますので、処方には慎重になられる先生が多いです。

抗インフルエンザ薬の宿命?

 
 うーん、だから、今年はどの病院の先生も一斉にゾフルーザをセーブするという状況が起こっているのですね。まあ、うちの薬局だけかもしれませんし、本格的なインフルエンザシーズンに突入してみないとわかりませんが。
 このようなことは、インフルエンザが小さな子供さんの間で広く蔓延する病気ということも関係してるのだと私は思います。なぜかというと、タミフルが登場した時も高学年から中学生くらいの子供さんに処方されるとせん妄が起こるということで、忌避されるということが起こったからです。
 やはり大人に比べると抵抗力の弱いお子さんがかかりやすい病気ですから、親御さんもひと際ナイーブになりますよね。私もそうです。
 ゾフルーザに関してはまだまだ未知の部分がありますので、今後の動向を見ていく必要があると思いますので、また何か新しいことがわかりましたら、このブログで紹介していきたいと思います。

tyouzaijimu.hatenablog.jp

  本日もお読みいただきありがとうございました!もし、このブログがお気に召しましたら読者登録していただけると、大変、励みになります!よろしければ読者になるのボタンから読者登録よろしくお願いいたします。ブログランキングにも参加しています。応援していただけると、心強いです。

 明日もぜひ、当ブログへお越しくださいませ。