38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

アレジオン 値段は?眠気は?市販されてる? 花粉症のお薬

f:id:otegamibenrityou:20190121060045p:plain

1日1錠なら飲むのも楽ですね

  こんにちは!最近、雨の日が少しづつ増えてきましたね。まだまだ加湿器が手放せない季節ですが、雨が降ると、街路樹も水分補給できるので、やっぱり雨も降らなければいいけませんね。杉やヒノキが元気になって花粉をいっぱい飛ばすのは少々勘弁して欲しいのですが。

 さて、今日は先日、ご紹介したアレグラに匹敵するぐらいの人気のある花粉症のお薬、アレジオンについて書いてみたいと思います。

 アレジオンの一番の売りは、なんといっても1日1回飲むだけでOKというところではないでしょうか。アレグラの1日2回でも楽だなあと思うのですが、アレジオンは1日1回の服用で効果があるということですので、忙しい現代人にはぴったりのお薬だなと思います。

 

アレジオン錠20㎎の効果は?

 

 アレジオン錠20㎎の添付文書によれば、花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻水、鼻づまり、くしゃみに効果があるとされています。

ドラッグストアで買えるの?

 
 アレジオンは第2類薬品ですので、薬剤師や登録販売者の常駐するドラッグストアやネット通販でも購入することができます。
 ドラッグストアで市販薬として売られているのは、アレジオン20です。アレジオン20は、1錠あたりエピナスチン塩酸塩20mg配合されたお薬で、これは、病院で処方される医薬品と同等の成分量になっています。
 15歳以上は1日1回、1錠の服用になっています。
 価格は12錠で1500円程度で販売しているショップが多いようです。14錠ではなく、12錠というのがちょっと不思議なんですが、12日分で1500円、24日分で3000円、36日分で4500円、ということですで、アレグラと比べると、ちょっと高いなあという印象でしょうか。

眠くなりにくいの?

 
 アレジオンは、第二世代の抗ヒスタミン薬ですので、薬の成分が脳に移行しにくいため、眠くなりにくいお薬です。従来型の抗ヒスタミン剤で強い眠気を感じられた方も、アレグラなら、眠気を感じにくいのではないでしょうか。
 また、アレジオンなどの第二世代の抗ヒスタミン薬は、対処療法だけではなく、症状を引き起こす物質が体内に放出されないよう元から抑え、さらに症状の悪化も防いでくれます。

病院での薬価は?

 
  病院で通常処方されるアレジオン錠20㎎は、1錠、89.5円です。15才以上は1日1回、1錠ですので、1日あたりの薬価は89.5円ということになります。
 1週間では、626円、2週間では、1253円、30日では、2685円です。
 健康保険を使った場合は、30日分の3割負担で805.5円になります。これに病院の診察料と、調剤薬局での調剤料がプラスされます。
 アレジオン錠20㎎にはジェネリック医薬品がありますので、たとえば、エピナスチン20mgの杏林を選択した場合は、1錠、35.7円ですので、1日35.7円。1週間で249円、2週間で499.8円、30日分で1071円です。
 これも健康保険を使った場合、3割で321円ですので、これに診察料と調剤料を合わせても、市販薬の36日分4500円よりも相当割安なのではないでしょうか。
 

  本日もお読みいただきありがとうございました!もしこのブログがお気に召しましたら読者登録していただけると、大変、励みになります!よろしければ読者になるのボタンから読者登録よろしくお願いいたします。明日もぜひ、当ブログへお越しくださいませ。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医療事務へ
にほんブログ村