38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

インフルエンザと診断されたら会社は休める? 休めない? B型が大流行!

 

f:id:otegamibenrityou:20181215111956p:plain

インフルエンザの時くらい休ませてくださ~い

 こんにちは!今日は朝から曇り空ですね!みなさんお元気でしょうか?

 さて、今日は、先日も取り上げたインフルエンザについて書いてみようと思います。先日は小さい子供さんのインフルエンザの出席停止期間についてまとめましたが、今回は大人のインフルエンザについてです。A型が落ち着いたと思ったらもうB型が大流行していますね。

 

 去年の冬はうちの薬局にも毎日インフルエンザの患者さんが来られましたが、こどもの患者さんより大人の患者さんの方が多かったように覚えています。

 もし、インフルエンザと診断されたら、会社は休めるのでしょうか。あんなにしんどいインフルエンザなんだから、休めるに決まっているじゃない。と咄嗟に思われた方は、ホワイト優良企業にお勤めの方です。素晴らしい!

 残念ながら、そうでない方もいらっしゃいますよね。ちゃんと休ませてくれるんだろうかと、不安になる方。わかります!私もブラック経験ありですので。

 そういうわけで、今回は大人の人がインフルエンザになったときにことを調べてみました。

大人の方がインフルエンザに罹った際の出勤停止期間

 

 労働安全衛生法よる規定はなし 

  

 なんと!冷酷な結果でしょうか。実は大人の方がインフルエンザに罹った場合の出勤停止期間について、労働安全衛生法などに明記されていません。うーん、大人だってインフルエンザはつらいのに、あんまりです。こういうところが、休めるのかな?休めないのかな?と悩んでしまう元凶になっているのですね。つまり、インフルエンザに罹った場合、会社を休めるか休めないかはそれぞれの会社の規定に基づいているということになります。

 ただし、ほとんどの会社が学校保健安全法における、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで学校に登校してはならない」という規則を基に出勤停止期間を設けているようです。

 出勤停止期間とは、その名の通り、出勤を停止する期間のことをさします。では、この停止期間はどのくらいなのでしょうか。

出勤が可能になるには2つの条件を満たさないといけない

 

  • 解熱後2日経過していること
  • 発症後5日経過していること

  

 少しややこしいかもしれませんが、発症とは発熱の症状が現れたことを指しますので、日数の数え方は発熱が始まった日は含まず、翌日からを発症第1日目と考えます。

 

 つまり、この条件を満たした場合、出勤停止期間はおおむね1週間程度となりそうですね。

本来は出社すべきではない 

 

 これは、従業員の体のことを考えてということもありますが、インフルエンザの社員が出社をすると他の従業員に感染してしまい、会社の業務に支障が出るかもしれないということも考慮されています。

 以前、知り合いの看護師さんから、中高年の方、特に男性の方はインフルエンザの予防接種をするという習慣がなく、またインフルエンザでも風邪の延長と考えて、マスクもせずに仕事に行ってしまうことが多いという話を聞きました。

 仕事に対する強い責任感からこういう行動になってしまうのでしょうが、これは本人はもちろん、まわりの人たちにとってもいいことがないように思えます。もし、お客様と係わることの多い仕事だとお客様にうつしてしまってもしまうことも懸念されますものね。

 診断書などについてはこちらをどうぞ

休むためには診断書を忘れずに!

 

 インフルエンザに罹患した疑いがある場合は、しんどくて外出するのは大変ですが、病院で診察してもらい、新薬のゾフルーザや、カロナールなどを処方してもらい、診断書を出してもらって、会社に連絡します。そしていつから出勤できそうか、もしくはいつから出勤できるのかということを確認するようにしてください。まあ、私の経験上、インフルエンザにかかって会社に行ってもすぐに帰宅させられると思います。見るからにしんどそうでとても仕事をしてもらうような気にはなりませんから。(本人もしんどすぎてできないと思います)

  たいていの会社は3~7日間は自宅療養とするところが多いようです。その際の休暇は有給扱いになるのか、休日扱いになるのか念のため確認しておいた方がよさそうですね。

 インフルエンザになんてまだなったことがないよという幸運な方はこちらもぜひどうぞ!

tyouzaijimu.hatenablog.jp

  本日も最後までお読みいただきありがとうございました!もしこのブログがお気に召しましたら読者登録していただけると、大変、励みになります!よろしければ読者になるのボタンから読者登録よろしくお願いいたします。明日もぜひ、当ブログへお越しくださいませ。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医療事務へ
にほんブログ村