38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

台風の次は地震!北海道で未明に震度6の地震

 こんにちは!台風21号の被害がまだ収まていない中、今朝未明に北海道で震度6の地震が起こりました。今年は自然災害が多すぎますね。被害の全貌がまだ明らかになっていませんので、どのくらいの被害になるのか不明ですが、わかっているだけでも、土砂崩れや液状化現象による水害など、相当な被害が出ているようです。今この瞬間もたくさんの方が生き埋めになっておられるとのことですので、一刻も早く救出されることをお祈りしております。

 また北海道全域で停電が起きているとのことです。いくら北海道が涼しいとはいえ、今日の最高気温は28度。エアコンをつけて体調管理をされている方もおられるでしょうし、冷蔵庫の食料品も廃棄になってしまいます。さらに病院や介護施設など療養中の方なども停電が続くと深刻なダメージを受けてしまいます。

 

 たいていの病院には発電機が設置されていて概ね3日程度、自分の病院を最低限まかなえるだけの発電量と燃料の備蓄があります。3日あれば、停電が解消されて電力会社から電気が供給されることが多いですし、もし、復旧の見込みがないとわかれば、3日の間に停電の起きていない地域の医療機関に移送することができます。
 ですので、命に係わる患者さんの対応はある程度問題なく行われると思いますが、緊急を要しない患者さんたちでも、電気を使う医療機器を使う方はいらっしゃられるわけで、今回のように大規模な停電、しかも大震災となると停電の影響は甚大になると思われます。
 特に今回の場合は北海道での地震ということで、本州に移送する際も陸路というわけにはいきません。かといって、空港も今現在機能がマヒしていますし、航路もどうなるかわかりません。
 津波の被害がなかっただけ不幸中の幸いですが、それでも今回の地震は復旧までに相当な時間を費やすのではないかということが予想されると思います。
 備えあれば患いなしとはいいますが、これだけ大規模な自然災害が起きると、食糧や避難セットを備蓄していても、家ごと流されたり、土砂崩れで家がぺしゃんこにつぶされてしまったりと打つ手がないような気がしてしまいます。
 ヨーロッパでは熱帯低気圧がほとんど発生しないので、台風が起きるのはまれだそうですね。地震もほぼ聞いたことがありません。もちろん、それぞれの土地ならではの自然災害があるのだと思いますが、これだけ頻繁に大規模な自然災害があるのにこれだけ発展してきた日本という国は世界でも稀有な存在だと思います。この国に生きてきた人たちが壊されても流されてもまたこつこつと生活を立て直していった歴史がまさに日本という国なのだと思います。この国に住む人、住んでいた人たちの根気強さ、心の強さに頭が下がります
 震災に合われたみなさま、お気を落とされていると思いますが、くれぐれもお体にお気をつけてご無理をせずにいてくださいませ。
 こんな大変な日も、当ブログにお越しいただきありがとうございました!また、お暇なときにはぜひ当ブログにお越しくださいませ。