38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

ヘルパンギーナ 出席停止? 登園できる? 登校・登園許可は必要? 

 

f:id:otegamibenrityou:20181219201944p:plain

本人は意外と元気なんですが

 こんにちは!やはり台風が上陸するようですね。今回の台風は雨よりも風の勢いがすごいということですので、ベランダや庭に物を置かれている方は飛んでいかないように片づけて置いた方がよさそうですよ。台風が来てからではすごく危険ですので、今、晴れているうちにやれることはやっておくと安心ですね。
 さて、今日はヘルパンギーナと診断されたら学校や幼稚園に行けるのかということについて書いてみたいと思います。 

  

 先日、私が勤める調剤薬局にヘルパンギーナと診断されたお子さんが来局されたのですが、子供さん本人がすごく元気で保育園に行きたいというので、お薬をもらったらこれから連れていきます。というような話をされていたので、ヘルパンギーナと診断されても保育園に行ってもいいのかな?とふと疑問に思いました。まだまだ残暑が厳しく、わが子もいつもらってくるかもしれませんので、ちょっと調べてみました。

ヘルパンギーナと診断されたら登校できる?

 
 感染症といえば、国立感染症研究所ということで、国立感染症研究所のホームページを覗いてみると、ヘルパンギーナについて詳しく書かれている箇所がありました。以下を引用しておきます。
 

ヘルパンギーナは学校において予防すべき伝染病の中には明確に規定されてはなく、一律に 「学校長の判断によって出席停止の扱いをするもの」とはならない。したがって、欠席者が多くなり、授業などに支障をきたしそうな場合、流行の大きさ、あるいは合併症の発生などから保護者の間で不安が多い場合など、「学校長が学校医と相談をして第3 種学校伝染病としての扱いをすることがあり得る病気」と解釈される。

本症では、主症状から回復した後も、ウイルスは長期にわたって便から排泄されることがあるので、急性期のみの登校登園停止による学校・幼稚園・保育園などでの厳密な流行阻止効果は期待ができない。本症の大部分は軽症疾患であり、登校登園については手足口病と同様、流行阻止の目的というよりも患者本人の状態によって判断すべきであると考えられる。

ヘルパンギーナでは出席停止にはならない

  

 要約すると、ヘルパンギーナはインフルエンザや、風疹などのように予防すべき感染症に規定されていないので、出席停止にはならないということですね。

休むか休まないかは、お子さんの具合次第

 

 つまり、学校や幼稚園を休むか休まないかは、患者さんの病状次第ということのようです。これは、働くママ、パパさんにとっては正直、ちょっとほっとするというか、助かりますよね。

 ヘルパンギーナといっても、症状はひとそれぞれで軽度の場合もありますもんね。本人が薬も飲んでくれて食欲もあって、元気そうなら働くママさん、パパさんはできたら早めに学校や幼稚園に行ってもらいたいと思われると思います。私もそうです。

登園・登校許可も必要なし

 

 ヘルパンギーナに関しては、いつもと比べて子供さんがしんどそうにしていたら、学校や幼稚園、保育園はお休みして自宅で療養するようにしますが、熱などもなく、食欲あり、元気そうにしていたら登校、登園してもかまわないということになります。

 登園・登校許可証なども、特別、必要もないということですので、もし、お子さんがヘルパンギーナと診断された際は、お子さんの病状と相談して、お休みかそうでないかを決めるようにされてください。稀にではありますが、幼稚園や保育園によっては、登園許可証が必要というところもありますので、その際は、その決まりに従って下さい。

 インフルエンザの登校許可書についてはこちらをどうぞ!

tyouzaijimu.hatenablog.jp

  本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました!他にも調剤事務に関することや、健康、医療に関する記事を書いていますので、興味を持たれた方はぜひその他の記事もご覧になっていってくださいね!

 

にほんブログ村 病気ブログ 医療事務へ
にほんブログ村