38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

どこで勉強する? 医療事務 その1 スクール(通学)の場合 

 いよいよ信じていいのでしょうか?この気候。あの灼熱の日々はもうやってこないですよね? こんにちは!今日も涼しくすごしやすい夏の一日ですが、みなさんいかがお過ごしですか。

 

 

 さて、暦的にも秋が近づき、こどもたちもそろそろ新しい学期を迎えますね。ママさんの中にはこの時期から新しい仕事に就かれるという方も多いと思います。特に新一年生のママさんは学校になれた2学期のこのタイミングで仕事をしようかな、復職しようかなとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 私の勤める薬局でも人の移動があり、来週から新しい薬剤師さんが来られることになっています。まだ、お会いしたことがないのでどんな方かわかりませんが、薬剤師さんのお仕事をできるだけサポートしていけるよう頑張ろうと思っています。

 いま調剤事務の仕事を探されている方もたくさんいらっしゃると思いますので、これからちょっと調剤事務も含めた医療事務全般に就こうとするときに、どこでどう勉強するかということについてちょっと書いていきたいと思います。

 今日はまずスクール(通学)での勉強について書いてみたいと思います。

 このスクールは学校法人の専門学校とは異なって、民間の企業が運営している講座を通学で習う場所のことをさします。ニチイ学会などがメジャーどころでしょうか。

 

スクール(通学)の特徴

通学期間

1か月~半年前後

費用 

8万~10万円前後

メリット

わからないところを講師に直接質問することができる

カリキュラムごとにしっかり順を追って学べる

自宅に勉強するスペースがなくてもしっかり学べる

知り合いができる

デメリット

費用が高め

学校まで通わなくてはならない

スケジュールをあわせないといけない

  

  スクールによっては資格取得後、就職を斡旋してくれるところもあります。

 わたしの周りで実際にスクールに通って医療事務の資格を取ったママさんがいます。その方はどのスクールに通われていたかちょっと聞いていないんですが、期間はだいだい3か月で、学費は8万前後といっていたと思います。子供さんが小さいのに家でも一生懸命勉強しておられるようですごいなあと思ったのを覚えています。その方は資格習得後すぐに大手の調剤事務員のパートをなさっていました。

 スクールで資格取得後にスクールが運営する派遣会社に登録して、そこから就職を斡旋してもらったようです。でも、そのママさんはたまたま運が良かったわよというお話をされていたので、派遣会社に登録してもなかなか仕事が見つからないということもあるようです。ですので、スクールに通っていたからといって必ず就職への道が続いているという風に考えるのはちょっと危険かもしれません。

 オプション的に考えておく方が気が楽かもしれませんね。

 本日も最後までお読みいただきありがとうございました!また、お暇な時には当ブログにお越しくださいませ。