38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

小学校はなぜエアコンを設置しないのか?

 

 

 

f:id:otegamibenrityou:20180720210153j:plain

折り紙の朝顔も満開です

 こんにちは!連日、トップニュースで取り上げられている猛暑。私は夏が1年で1番好きな季節なんですが、さすがにここまで暑いとそんなことをいっている余裕がなくなってきますね。

 昨日、車で買い物にでかけたんですが、車を降りた瞬間、急に膝のあたりに熱風が流れてきたんです。強烈な太陽の光に熱せられたコンクリートに風が当たって、熱風が立ち上ってきたようなんですが、あ、なぜか足が異常に熱い。と、一瞬、混乱してしまいました。

 ベビーカーの赤ちゃんや小さな子供は大人よりもコンクリートに近いから、コンクリートからの反射熱を体全体で受けてしまうと聞いたことがありましたが、こういうことだったんですね。これは非常に危険だと実感しました。

 私が勤める調剤薬局でも今日は、みなさん汗を拭きながら来局されていました。車椅子を押しながら来局される方、手押し車を押しながら来局される方、赤ちゃんを抱っこしながら来局される方、みなさん本当にご苦労様です。

 待合室の中で交わされる会話ももちろんこの暑さの話題で持ちきりです。なかでもみなさん口々に話されていたのが、小学一年生のお子さんが熱中症で亡くなられた事故のことでした。

 7月17日に愛知県豊田市では小学1年生が熱射病で亡くなるという痛ましい事故がありました。この学校ではなんと教室にエアコンが設置されていたなかったというから本当に驚きました。エアコンをつけるなんて根性がないとか、子供にエアコンなんて贅沢だという昔ながらの無知な思想がまだまだ根強く残っているからこのような環境が生まれてしまうのでしょうか。

 たとえばパソコン教育なんかを推進する前にまずエアコンだろうと私は言いたいです。機械でも人間でも適切な温度と湿度の下でないと効率よく機能しないのは基本中の基本ですし、これほど気候が変動している環境下でいったい何十年前の価値観で動いているのかと。

 昨今、エアコンのついていない企業も少なくなってきているのに、大人より体温が高く、1日中動き回って汗をかく子供たちが通う学校にエアコンがないなんてどう考えてもおかしいわけで、そんなことちょっと考えればわかるだろうと私は思うのですが、学校の運営などを司っているお役所ではそうではないのですかね。そもそもそういうお役所にエアコンがついていたらこれはどう説明するのでしょうか。

 エアコンを設置すればランニングコストはかかるかもしれないけれど、それ以上に市町村では無駄な支出がありませんか。と、問いたいです。国や市町村は本当に子どもを育てるつもりがあるのか。朝、元気に行ってきますと出かけた子供が学校で亡くなるなんて絶対にあってはならない事故だと思います。

 愛知県の事故に関してはエアコンの設置の問題以外にも教師の判断ミスなども指摘されていますので、今後このような事故を防ぐためには様々な角度からの議論が必要だと思います。

 私も子供がいるので今日は感情的な文章になってしまいましたが、こんな悲しい事故はもうごめんです。

 本日もお読みいただきありがとうございました!もしこのブログがお気に召しましたら読者登録していただけると、大変、励みになります!よろしければ読者になるのボタンから読者登録よろしくお願いいたします。明日もぜひ、当ブログへお越しくださいませ。


 

にほんブログ村 病気ブログ 医療事務へ
にほんブログ村