38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

どうにかこうにか一年が過ぎて 2018年上半期


 

  こんにちは!私は昨日のポーランド戦を見ていたせいで寝不足気味ですが、みなさんはお元気ですか?西野監督は本当にギャンブラーですね。あそこで、あの賭けに出られるなんて普通の神経を持っている人には無理です。でも、コロンビアの実力を知っていれば、それほど部の悪い賭けではなかったのかな?いやーでもよく決勝に進んだもんです。お見事!

 お天気は最近、台風が近づいているせいもあってかとにかく風が強くて困ります。髪の毛はぼさぼさ、傘は隙あらばひっくり返ろうとするし、本当に出勤するだけでてんやわんやです。

 さて、今週のはてなブログのお題は「2018年上半期」。今日、仕事中にカレンダーを見ていて気付いたのですが、私が調剤薬局で勤めるようになって、すでに一年が過ぎていました。思い返すと本当に濃密な一年でした。

 若い頃はまあ、アルバイトでも遊びでも三カ月あればたいていのことには慣れましたが、この年になると、全力で挑んでいるのに、まあ、慣れない!溺れるか、溺れないかの、本当にきわきわの水面で、毎日バシャバシャと体を動かして、何とか息をしているというような状態でした。本当にまあ、よく沈まなかったね。労いの言葉を自分にかけるならこれに尽きます。

 薬の名前が覚えられず、本屋さんで薬関係の本を読みまくったり、仕事中取ったメモを家でもう一度、書いてみたり、家族のお薬手帳を借りて見たり、昔の病院の領収書を引っ張り出してみたり。人に言ったら笑われるような地味なことばかりしていた一年でしたが、どうにかこうにかまだこうして務めることができているのは、あの頃の必死さのおかげかなあと思ったりもします。

 そしてもちろん、私を採用してくれた社員さん、いつも根気よく嫌な顔一つせず笑顔で仕事を教えてくれる年下の先輩事務員さんたちのおかげです。

 まだまだミスはしますし、覚えなくてはいけないことも日々あり、調剤事務という仕事はなかなか奥が深いなあと思うのですが、これからも初心を忘れず、患者さんの気持ちによりそえるような事務員になりたいと思います。

 そしてこんな拙いブログですが、いつも見に来て下さるみなさまに改めて感謝の気持ちをお伝えいたします。本当にありがとうございます。

 これからもこのブログでは調剤事務の日常や、お薬のこと、介護のこと、病気のことなどみなさまに「ふんふん!なるほど」と思っていただけるようなブログを書いていきたいと思っていますのでどうぞ末永くお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 今日も数あるブログの中からこのブログにお越し下さりありがとうございました!よろしければ、明日もご覧になってくださいませ。