38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

はてなブログ 今週のお題「雨の日の過ごし方」


 

 天気予報に傘マークとくもりマークばかりが並んでいますが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

 低気圧の影響で体の不調がみられる方も結構おられるそうで、頭痛や神経痛持ちの方はお辛い季節ですね。まだ梅雨は始まったばかりですので、のんびりペースをつかんで体調を崩さないようにいきたいなあと思います。

 さて、はてなブログの今週のお題は、「雨の日の過ごし方」ということですが、調剤薬局でもやっぱり雨の日は来局される患者さんの数は少なくなります。

 お年を召した方やご病気の方にとって、病院に通院することはなかなか骨の折れることだと思います。雨の日なら猶更で、お薬などの関係でどうしてもその日に通院されなくては行けない方以外はやっぱり、天気にいい別の日にしようとなるでしょうね。

 手押し車にレインコートで来局される患者さんを見るたび、本当にご苦労だなあと思います。中にはタクシーで来局される方もいらっしゃって、年金でやりくりしているので、出費だけど足が悪いから仕方ないのよと、おっしゃられるのを聞いたりすると、どうにかできたらいいのになと考えさせらます。

 そういうわけで、雨の日は患者さんは減るのですが、それでも薬局にない薬が記載された処方箋が来た場合は他の薬局にその薬を買いに行ったり(分譲といいます)、不足した薬を患者さんのご自宅にお届けしに行ったりすることはありますので、スタッフにとっても雨はなかなか厄介です。

 車を運転できるスタッフはまだいいんですが、そうでない人はレインコートを着て自転車で配達に行ったりしなくてはなりませんからこちらもなかなか骨が折れます。

 まあ、雨でも雪でも一日中外でお仕事をされている警備員の方や郵便配達の方たちのご苦労と比べたら比較になりませんね。本当に頭が下がります。

 雨のことばかり悪くいってきましたが、近くの田んぼで毎晩カエルの大合唱が行われていて、そういうのを聞いていると、自然のためには梅雨も大切だなと思うんですが、人間の暮らしに照準を合わせるとつい、お日様が恋しく思ってしまいます。身勝手なもんですね。

 本日もたくさんあるブログの中から私のブログにお越し下さり、そして最後までお読みいただきありがとうございました!また、お暇な時には当ブログにお越しくださいませ。

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医療事務へ
にほんブログ村