38才からの調剤事務

38才から全くの未経験で調剤事務をはじめました!ミスの連続!?悪戦苦闘する日々ですが、これから調剤事務をやろうとされている方の参考になれば幸いです!現在、調剤事務をされている方にも「ふむふむ、あるある」と読んでいただけたら嬉しいです☆

内服(ないふく)と頓服(とんぷく)の違い


 

 今日はすっかり冬に戻ってしまったような天気ですね。さらに雨と風も強くなっていくようで、冬と雨が嫌いな辛抱のない私にとっては、とてもしんどい天気模様です。

 全国的にもインフルエンザはB型がまだまだ流行っているようで、なかなか春は遠からじとはいかないようですね。花粉の飛散はとっくに始まっているので、せめてインフルエンザには治まってもらいたい!

 さて、今回はお薬の「内服」と「頓服」について書いてみたいと思います。

 みなさん、病院で処方箋をもらった時に「内服」、もしくは「頓服」と書かれているのをご覧になったことはありますでしょうか?

 実は、私、恥ずかしながら、調剤事務の仕事に就くまでこの違いが曖昧でした。

 

 内服とはお薬を飲むこと、つまり口から摂取することをさします。

 

 なるほど、なるほど!では、頓服は?と、いいますと、これもお薬を飲むことをさします。あれ?一緒だなあ?と、思われますよね。どちらもお薬を飲むことを指しているんですが、飲み方が違っているんです。

 そもそも頓服も内服という意味の中に含まれているので、「内服」という言葉の対極にあるのは、「外用」なんですが、これは後で説明させていただきます。

 病院や、薬局で一般的に使われている「内服」と「頓服」の意味は以下のようになります。

 

内服(ないふく)定期的・継続的に飲むお薬のこと

頓服(とんぷく)その症状があるときに飲むお薬のこと 

 

 たとえば、血圧が高かったり、血糖値が高かかったりする場合、継続的にお薬を飲むと思います。その場合、処方箋や薬袋には「内服」とか、「内服薬」と、かかれています。

 打撲や抜歯などで鎮痛剤を処方される場合や、便秘で便秘薬を処方される場合などは、「頓服」とか「頓服薬」とかかれていると思います。

 内服と書かれている場合は、お医者さんの指示通り、毎食後や就寝前などに習慣的にお薬を飲むようにします。

 頓服と書かれている場合は、頭痛がするときや、便通が良くないと感じた時にお薬を飲みます。症状がないときは飲まなくてかまいません。

 「とんぷく」という言葉は少し聞き馴染みがない言葉なので、どういうときに飲めばいいのかな?と思われる方も多いと思いますが、「その症状が出た時にのむ」ということを覚えていれば大丈夫です。

 ちなみに「外用」とは口以外から摂取するお薬のことを指します。例えば、湿布薬や塗り薬、座薬などがそれにあたります。外用の例外としては「トローチ」などがあります。

 効果のあるお薬ですが、飲み方を間違っては意味がありませんので、ぜひこの2点は覚えておいて下さいね。

 本日もブログをご覧いただきありがとうございました。また、お暇なときにはぜひ当ブログへお立ち寄りください。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医療事務へ
にほんブログ村